2017年12月例会のお知らせ

「東京都人権プラザ移転の経緯」

■日時/2017年12月3日(日)14:00~16:00

■会場/林野会館
(文京区大塚3-28-7、東京メトロ茗荷谷駅下車徒歩7分)

■内容/
 東京都人権プラザは、同和問題をはじめとする人権問題の解決に資するために、東京都が台東区橋場に設置した施設です。(公財)東京都人権啓発センターは、財団法人東京都同和事業促進協会(1971年設立)を前身とし、1998年都により設立され、展示・出版物の発行・相談事業など、同プラザの活動を担ってきました。2017年2月、オリンピック・パラリンピック開催と建物の老朽化を理由とした都の決定により、同プラザは港区芝に移転しました。設立理由と深く関わりのある土地から離れることになったのです。この移転の経緯について、同プラザの指定管理者である同センター専門員の林勝一氏から、お話をいただきます。政策の影響、施設存立の目的、立地の意味等について考えるきっかけとなれば幸いです。みなさまの積極的なご参加をお待ちします。

■申込方法/
 電子メールで、氏名、連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)を明記の上、11月29日(水)までに博物館問題研究会事務局へお申し込み下さい。書式は自由です。

 申込受付アドレス 博物館問題研究会事務局 hakumonken@yahoo.co.jp

| | トラックバック (0)

2017年10月例会のお知らせ

「鎌倉歴史文化交流館」見学

■日 時/2017年10月28日(土)14:30~16:30

■集 合/14:15 にJR 鎌倉駅西口時計台広場に集合

■内 容/
 2017年5月15日に開館した、鎌倉市初の歴史展示施設「鎌倉歴史文化交流館」を見学します。
 この施設は、フォスター+パートナーズ(建築家ノーマン・フォスター代表)設計の既存建築を活用し、鎌倉の通史展示と、市内の出土資料を中心とした考古展示を中心として「鎌倉の歴史的遺産・文化的遺産を学び、体験し、交流できる場」を目指して作られました。今回は、最初に展示見学を行い、そのあと担当学芸員との意見交換の場を設けます。学芸員からは、展示計画策定から開館に至るまでの経過など、行政的な手続きや課題についてもご説明いただく予定です。見学と意見交換を通じて、展示施設や、展示資料の選定から展示手法、表現方法など博物館の基本となる要素について、どうあるべきか考える機会
とします。
 みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。
 なお、入館料をご負担いただきますのでご了承ください。

■その他/国指定史跡永福寺跡整備完了記念として開催中の永福寺展に関連して、午前中に国指定史跡永福寺跡の現地見学を実施する予定です(詳細は参加希望者に申込後ご連絡します)。

01_2

| | トラックバック (0)

2017年9月宿泊例会のお知らせ

「公害地域の歴史と今」を伝えるとは-四日市で考える

■日 時/2017年9月30日(土)~10月1日(日)

■内 容/
 博物館問題研究会では、四大公害について資料収集や展示を行う施設として、富山県の清流会館、新潟県の新潟水俣病資料館や笹神地区郷土資料館などを見学例会で訪れてきましたが、今回は四日市公害を取り上げます。
三重県四日市市では、1993年に「四日市市立博物館」が開館しましたが、公害問題に関する常設展示はなく、1996年に「公害の歴史展」が開催されるにとどまっていました。その後、2005年に四日市市環境学習センター(1996年開館)内に「四日市公害資料室」が開室されましたが、本格的な資料館設置を求める声が高まり、2015年3月に四日市市立博物館・プラネタリウムに併設されるかたちで「四日市公害と環境未来館」が開館しました。
本例会では、四日市公害と環境未来館の展示見学や語り部による講話、さらに、四日市コンビナートに隣接し大気汚染被害が集中した塩浜地区のフィールドワークなどをとおして、「公害地域の歴史と今」を辿り、公害問題の記録や記憶の保存・継承、公害資料館という「場」や展示表現のあり方について考えたいと思います。
 万障お繰り合わせの上、ふるってご参加ください。

■スケジュール(予定)/
 9月30日(土)
  13:45 集合(四日市市立博物館1階ロビー)
   ※四日市市立博物館(三重県四日市市安島1-3-16 Tel.059-355-2700)
  14:00~17:00 四日市市公害と環境未来館見学
   ※職員による概要説明と展示解説、語り部による講話を予定しています。
   ※四日市市立博物館及びプラネタリウムは見学時間に含まれません。
  18:10 夜景クルーズ参加者集合(近鉄四日市駅前)(送迎バス出発18:20)
  19:00~20:00 四日市コンビナート夜景クルーズ
 10月1日(日)
  午前  塩浜地区フィールドワーク(「四日市再生「公害市民塾」」の皆さんによる案内)
  12:00 解散予定

■参加費/無料
 ただし、10月1日のフィールドワーク時の路線バス代が別途必要です。
 なお、四日市コンビナート夜景クルーズに参加される方は、3,900円を当日徴収します。

01

| | トラックバック (0)

«2016年の活動のまとめ